majima.minoru

その他

合コンで、結果にコミットしたい時に読む本。その1。出会った「瞬間」を制する。

渋谷(2012)によれば、一瞬の印象が、一生続きます。合コンでも大切なのは、相手と対面した「その一瞬」です。「その一瞬」さえ失敗しなければ、後は「単純接触の原理」を利用し会いまくるだけで、二人の関係は発展していきます。合コンで結果にコミットする方法を書いてみました。
その他

合コンと恋愛心理学。その13。恋愛のいいところ。難しいところ。

人の自己評価は「近い人」の成功により上昇したり下降したりします。自分に関係のない分野で「近い人」が成功すると、その成功は心地よいものになり自己評価が上昇します。逆に、自分にとって関係のある分野で「近い人」が成功すると、その成功は自分の存在を脅かすものになり自己評価が下降します。恋愛の「難しいところ」について書いてみました。
その他

合コンと恋愛心理学。その12。浮気。

男性の精巣の大きさは、「完全な一夫一妻制」として予測されるものより、少しだけデカイ。なぜなら、進化の過程で、男性は一度に出せる精子の数を増やし、「精子間競争」で勝てる確率を高くする必要があったからです。「浮気」は男性がするものなのでしょうか。女性は「浮気」しないのでしょうか。浮気について書いてみました。
その他

合コンと恋愛心理学。その11。思い込み。

「あなたの目の前で、大きな声で罵りあっているカップルがいます。日本人と白人のカップルのようです」この文章を見て、あなたは何を感じたでしょうか。誰もが持つ「思い込み」について書いてみました。
その他

合コンと恋愛心理学。その10。日常会話②。

ベルらの行った研究では、「二人だけの表現」を沢山用いているほど、用いている種類が多くなるほど、二人の間の愛情や親密さが高くなり、結婚する可能性も高くなるといいます。「二人だけの表現」である「関係固有の表現型」について書いてみました。
その他

合コンと恋愛心理学。その10。日常会話①。

ある研究によれば、スムーズな「日常会話」には人間関係の親密度を高める効果があります。つまり、日常会話を制する者が、合コンや恋愛を制します。そして、一番重要なことは「浅い会話」に「自分らしさ」というスパイスをふりかける努力をすることです。日常会話について書いてみました。
その他

合コンと恋愛心理学。その9。失恋。

ストレス研究では、コントロールできない状況では、その状況を回避することが最も効果的な方法と言われています。相手の気持ちが自分から離れていってしまった時、どれだけ頑張っても、相手の気持ちや感情をコントロールすることはできません。失恋には「失恋からの回避」が最も有効な方法です。
その他

合コンと恋愛心理学。その8。排他性規範③。恋愛で大切なこと。

付き合っているから〇〇する。これが「付き合い行動様式」(齋藤,2006)です。しかし、「付き合う」ことは形に過ぎません。一番大切なことは「付き合う」ことではなく、付き合っている二人が二人の間に「どのような関係」を築き上げていくのかということなはずです。恋愛関係について書いてみました。
その他

合コンと恋愛心理学。その8。排他性規範②。

「理想の相手」を完全に確定することはできません。すると「理想に近い相手」を探すようになります。しかし、「理想に近い相手」と親密になるほど、「理想に近くない一面」を多く見ることになります。ロマンティック・ラブ・ファラシーについて書いてみました。
その他

合コンと恋愛心理学。その8。排他性規範①。

5人の女性と一年付き合っている男性がいれば、「えっ!!」と感じる。一年間で5人彼女が変わっても「えっ!」と感じない。それは、背後に恋愛関係の排他性規範が存在しているからです。「恋愛は1対1であるべき」という輸入された価値観について書いてみました。
タイトルとURLをコピーしました