ビジネス

ビジネス

外食産業の人と合コンする時の本。

20年前、Googleで検索し、Amazonで商品を買っている人はいませんでした。もちろん、LINEのスタンプを作る仕事もありませんでした。20年後、現在の大企業がそのままでいられる保証はどこにもありません。結局のところ、職業や業界が大切なのではありません。その人がどんな「仕事」をしているのかが何より大切です。外食産業の人と合コンする時に読みたい本です。
ビジネス

合コンで生き残るために読む本。

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き残るのでもない。唯一生き残るのは変化できる者である」ダーウィンの言葉です。これからの合コンでは、変化できる柔軟な心を持った人が最も魅力的なのかもしれません。合コン前に読みたい本です。
ビジネス

合コンで出世する。

組織の中では、上に行けば上に行くほど技術的知識ではなく人間関係の能力が大切になると言われています。逆を言えば、人間関係の能力が無ければ、組織の上に行けば行くほど使い物にならなくなってしまうということです。人間関係の能力が無ければ出世することはできません。合コンと出世についてぬるく書いてみました。
ビジネス

合コンのバイブルです。

「合コンを制する者は、ビジネスを制する」(石原,2008)。「攻め込み力」「アピール力」「持ち上げ力」「ムードメイク力」「切り替え力」「チームワーク力」「ドタンバ力」の7つの能力を磨く。そんな目的で合コンに参加するのも楽しいのではないかなと思います。直ぐにでも合コンに参加したくなる一冊です。
ビジネス

もし合コンに参加する人が、ドラッカーの『マネジメント』を読んだら。

1時間で4000万円稼ぐ男。世界で最も時給の高い人物として有名だったP・F・ドラッカー博士のことです。そのドラッカー博士の教えを合コンに持ち込んだらどうなるのか。そんなことをぬるく書いてみました。
ビジネス

合コンで、弱者が強者に勝つための本。

うまくいかない時、激戦区で他の人と同じことをしていないでしょうか。そんな時、「ランチェスター戦略」的な視点が有効です。自分が悪い訳でも、相手が強い訳でもありません。戦い方が間違っているだけなのです。自分の強みを磨き上げ、自分に合った戦い方をすれば必ず勝てるはずです。弱者が勝つための一冊です。
ビジネス

合コンで成功するために読む本。

自分の「好き」を全力で追いかけ、全力で遊び、全力で稼ぐ。失敗や恥をかくことなんて一ミリも恐れません。「面白い」と思えば直ぐに行動し周囲を巻き込んでいく。自分の「好き」に全力で没頭していく姿から学べることは沢山ある気がします。誰の中にもある「好き」と、真剣に向き合いたくなる一冊です。
ビジネス

合コンで、諦める前に読みたい本。

バルミューダの寺尾玄社長は、大切なのは「可能性がある」ということを知っていることであり、「不可能を証明することは、不可能」だと言います。つまり、本気になれば出来ないことなどないということです。「反常識」で生きる大切さを教えてくれる一冊です。
ビジネス

合コンで、いい出会いがない時に読む本。

「好きなこと」について情報発信することは、自分を知ることにつながります。そしてそれは、自分にしか出来ない生き方につながっていきます。大切なことは、自分の「好き」に向かって突き抜けてしまうことなのだと思います。その、「具体的な突き抜け方」を教えてくれるのがこの本です。
ビジネス

合コンで成長したい。そんな時に読みたい本。

反対派の意見にあえて触れる行為である「ノイズ」。その「ノイズ」をただの雑音と扱うか、自分の考えの偏りを修正してくれる可能性のあるものと扱うのか。それは自分で選択できます。もしかしたら、「自分とは合わない」ということにも大きな価値があるかもしれません。急速に進歩する時代の教科書のような一冊です。
タイトルとURLをコピーしました