その他

その他

合コンで男性がモテる方法。非言語コミュニケーション⑩。時間編。

レスリー・バクスターとジーン・ワードの研究によれば、人は、時間どおりにやって来た人に対して、有能で、落ち着きがあり、社交的、という印象を持ちます。男性が合コンでモテるための「時間」について書いてみました。
その他

合コンで男性がモテる方法。非言語コミュニケーション⑨。空間と距離編。

合コン終盤、一人の女性がふと「付き合っている二人の間合いである46㌢~76㌢以内」に入ってきました。そして、直ぐに76㌢以上の距離に離れていきました。彼女はニコニコしています。二人の物理的な距離は、二人の心理的な距離です。「空間と距離」について書いてみました。
その他

合コンで男性がモテる方法。非言語コミュニケーション⑧。「触れ合い」後編。

フィーリングには「感情的に感じる」という意味と「触覚で感じる」という意味があります。感情と触覚、二つの「フィーリング」を制する者だけが合コンを制することができます。触覚の中でも、直接身体接触しない「非触覚的触れ合い」について書いてみました。
その他

合コンで男性がモテる方法。非言語コミュニケーション⑦。「触れ合い」前編。

1920年頃、設備の整った衛生的な孤児院でも、罹患零歳児の死亡率は100%でした。当時の医学で死亡原因は分からず「衰弱症」と呼ばれていました。この「衰弱症」の死亡率は低下させたのが「触れ合い」です。「触れ合い」について2回に分けて書いてみます。
その他

合コンで男性がモテる方法。非言語コミュニケーション⑥。沈黙編。

コメディアンのジャック・ベニーは次のように言います。「いちばん大笑いしてもらったのは、何もしゃべらずに黙っていた時だよ」モテるためには「沈黙」を上手く使うことです。「話さない時」である「沈黙」について書いてみました。
その他

合コンで男性がモテる方法。非言語コミュニケーション⑤。周辺言語編。

モテるために必要なのは「すべらない話」ではありません。「すべらない話し方」です。声の調子、強弱、テンポ… という「ことばならざることば(マジョリー・F・ヴァーガス,1987)」を制する者だけが、合コンを制することができます。「周辺言語」について書いてみました。
その他

合コンで男性がモテる方法。非言語コミュニケーション④。目の使い方編。

注視率15%だと、冷たい、悲観的、という印象を相手に与えます。注視率80%だと、自信があり、誠実という印象を相手に与えます。合コンでモテるためには、見つめることです。注視することです。色目を使うことです。注視率80%を目指すことです。モテるための「目の使い方」について書いてみました。
その他

合コンで男性がモテる方法。非言語コミュニケーション③。動作・表情編。

非言語コミュニケーションを通して、相手を知り、自分を知ることができれは、今より更にモテるようになります。「ことばならざることば(マジョリー・F・ヴァーガス,1987)」である「動作・表情」について書いてみました。
その他

合コンで男性がモテる方法。非言語コミュニケーション②。ボディ・メッセージ編。

合コンでモテるためには高いコミュニケーション能力が必要です。そして、対人コミュニケーションの65%は、ことば以外の手段で伝えられます。つまり、モテるためには話術ではなく、まずは非言語コミュニケーションを磨くことです。ボディ・メッセージについて書いてみました。
その他

合コンで男性がモテる方法。非言語コミュニケーション①。入門編。

モテるためには、相手の「本当に望んでいるもの」を理解することです。自分が周囲に伝えているメッセージを理解することです。「ことばならざることば(マジョリー・F・ヴァーガス,1987)」を制する者が合コンを制します。非言語コミュニケーションについて書いてみました。
タイトルとURLをコピーしました