心理学

心理学

合コンで、見えない部分も気になるようになる本。

良くも悪くも私たちは育った環境から多くの影響を受けます。親や環境を責めるためではなく、自分を知るために、自分がどのような環境で育ったのかを、一度冷静に分析してみることは大切な気がします。そんな時に読みたい一冊です。
心理学

合コンで、失敗した時に読む本。

人生に「失敗」はつきものです。そして、僕たちは長い人生で沢山の「失敗」を経験していきます。その「失敗」に対してどのような態度をとり、そこから何を得て、何を学べるのか、ということが何より大切な気がしています。「失敗」にどう向き合えばいいかを教えてくれる一冊です。
心理学

合コンで折れない心を持ちたい時に読む本。

ある人はストレスに弱く、ある人はストレスに強い。合コンで「逆境」にぶつかった時、それは自分を磨くチャンスでもあります。「逆境」をはね返す方法を知っていれば、合コンも人生も更に楽しくなりそうですよね。逆境の乗り越え方を教えてくれる一冊です。
心理学

合コンで、モテるから楽しいのではなく、楽しいからモテる、ということに気づいた時に読む本。

モテるから幸せなのではなく、楽しい人や幸せそうにしている人だからこそモテるし、好かれると言えるのかもしれません。〇〇になったら幸せになれるのではなく、幸せは「いまここ」にあるのだと思います。「幸せになる心理学」の名著です。
心理学

合コンで、真面目な人と出会いたいと思った時に読む本。

なぜ人が動かないのか、なぜ自分はイライラするのか… 自分を知ることが出来れば、他人も冷静に観察することが出来るようになります。その結果として、現実の世の中で人を動かすということが、どういうことなのかがわかってくるのではないかなと思います。人を動かしたいと感じた時に読みたい一冊です。
心理学

合コンで、「ストライーク!」と叫んだ時に読みたい本。

全然理想と違うのに一緒にいると妙に落ち着く人、理想通りで大好きなはずなのに一緒にいるとなぜか落ち着かない人… 。「自分の中にある自分の知らない部分」も大事にして合コンをしてみることが大切な気がします。無意識について知りたい時に読みたい一冊です。
心理学

合コンに行く気がしない。そんな時に読みたい本。

自分の気持ちがどうであれ自分ができる小さな行動をまずはやってみる。それから考える。このことがとても大切な気がします。小さな行動の積み重ねによって、小さな自信が積み重なっていきます。小さな自信の積み重ねが大きな行動へとつながっていくのだと思います。行動力に悩んでいる全ての人にオススメの一冊です。
心理学

合コンの現実は厳しい。と感じた時に読みたい本。

自分の中に、「ねばならない」や「こうあるべき」がある時。それは合理的な要求ではありません。「ねばならない」や「こうあるべき」という非合理的な命令や要求を、「こうなったらいいな」という望みや好みに変えていくこと。つまり、性格ではなく、考え方を変えること。これがアルバート・エリスの言う幸せになる方法です。厳しい現実の中でも幸せになることはできます。その方法が載っている本を紹介します。
心理学

合コンで傷ついた時に読む本。

合コンや仕事、恋愛。人間関係の中で傷つくことや怪我をすることは絶対にあります。その時に、「心の救急箱」さえ持っていれば、適切な治療をすることができます。その方法が詳しく載っていいる本を紹介します。
心理学

合コン界のロベカルを目指す時に読みたい本。

人間関係を技術論で考える「社会的スキル」。この考え方によれば、人づきあいが下手な人は、単純に練習が不足しているだけなのです。合コンや人づきあいもサッカーや水泳と同じです。練習を繰り返せば、必ず上達します。その中で大切なことは、「思いをかたちにする」ということ。人間関係のスキルが向上する本を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました