心理学

心理学

合コン疲れ。そんな時に読みたい本。

論理療法とは、ごく簡単に言えば、「極端な要求」を「好ましい選択肢」にするということになります。「こうならなければならない」ではなくて、「こうなったらいいな」と捉え直すということです。 「うまくいけばいいな。でも、うまくいかなくてもそこそこ幸せですな。」というような「合理的な思いこみ」を作っていくことは、とても大切な気がしています。とても読みやすい、アルバート・エリス博士の本を紹介します。
心理学

恥ずかしがり屋が合コンに参加する時に読みたい本。

恥ずかしがり屋の人が、恥ずかしがり屋のままで生きやすい社会も素敵です。そして、恥ずかしがり屋の人が、少しずつ恥ずかしがり屋の自分から変わっていく、ということも素敵です。恥ずかしがり屋の専門書を紹介します。
心理学

相手や友達に腹が立った合コン。そんな時に読みたい本。

もし合コンで、相手の行動や話し方、仕草や態度にとても腹が立ったとしたら、それは、もしかしたら、自分の影なのかもしれません。いい人と出会えた合コンが素晴らしいことは言うまでもありません。しかし、自分の影と出会える合コンがあったのであれば、それはとても貴重な体験と言えるのではないでしょうか。いい人にも、自分の影にも、様々な人に出会える可能性が合コンにはあります。影と出会える手助けをしてくれる本を紹介します。
心理学

合コンで輝くため、対人関係と自分関係を磨きたい、そんな時に読みたい本。

合コンは相手の出方次第で決まってしまいます。それはつまり、自分の出方次第ですべてが決まる、ということです。人間関係と自分関係を磨ける本を紹介します。
心理学

悲観主義と楽観主義、どちらが合コンで強いか気になった時に読む本。

もし自分が楽観主義なのであれば、楽観主義者として努力していけばいいし、もし自分が悲観主義なのであれば、悲観主義者として、努力していけばいいのだと思います。楽観主義の持つポジティブパワー、悲観主義の持つポジティブパワー、その両方の魅力を教えてくれる本を紹介します。
心理学

ユング心理学と合コン。内向型と外向型。

合コンのその日に味を出し切ることが出来るのが外向型であり、合コンのその日には全然味が出せないけれど、その後でジワジワと味を出せるのが内向型なのだと思います。外向型が「カルビ」ならば、内向型は「ビーフジャーキー」と言えるかもしれません。ユング心理学の、内向型と外向型という概念と合コンを考えてみました。
心理学

合コンで、相手だけでなく自分も探したい時に読む本。

相手を探しているように見える合コンですが、実は、相手を探すと同時に「自分探し」をしていると言えるのではないかなと思います。自分はどんな人、どんな性格、どんな見た目、どんな話し方、どんな態度…の人が好きで、どんな人が嫌いなのか。一つずつ見つけていけるのが合コンです。相手だけでなく、自分も探したい時に読みたい本を紹介します。
心理学

眠れない時、合コンで悩んだ時、そんな時に読みたい本。

普通なら出来るはずなのに、なぜかそのことが自然にできない。それは、無意識に何かしらの葛藤を抱えているのかもしれません。けど、今はそれでいいのではないのかなと思います。まずは許す、認める。そして、ゆっくりと時間をかけて自己分析していくことが大切なのではないでしょうか。そんな時に読みたい本を紹介します。
心理学

恋愛がうまくいかない。合コンがうまくいかない。そんな時に読みたい本。

恋が実るとはどういうことかについて書かれた本です。そして、恋愛がうまくいかない原因を自分の問題として捉えることを教えてくれる一冊です。
心理学

イラついた合コン。そのイライラをしずめたい時に読む本。

合コンでイライラしちゃう時、ありますよね。わかります。けれど、そのイライラは、本当は何に対して怒っているのか。 なぜイライラしてしまうのか。 どうすれば、イライラは収まるのか。 ということがわかりやすく書かれている本を紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました