合コンで成功するために読む本。

イメージ画像ビジネス

興奮度★★★

この記事のポイント。

成功するために必要なこと。それは、行動することです。小さなことでいいからまずやってみる。やってみて考える。堀江(2017)が言うように、行動により小さな成功体験を積み重ねていくことが大切になります。

成功したから自信がつく訳でもなく、失敗したから自信が無くなる訳ではありません。何かをやるから自信がつきます。数々の合コンで小さな成功体験を積み重ねているからこそ、「ここぞ」の時に大きな成果を得ることができる気がしています。合コンで成功するための本です。

▼本文はここからです。

最先端の生き方。

好きなことで生きていく。好きを仕事にする。色々な場所で色々な人から聞いたこたがあり、色々な本で読んだことがあります。その中で、一番ストンと腑に落ちてくるのが堀江貴文さんの言葉な気がしています。それはなぜかを考えました。恐らく堀江貴文さんの体現する「生き方」が時代の最先端にあるからなのだと思います。

自分の「好き」を全力で追いかけて、全力で遊び、全力で稼ぐ。失敗や恥をかくことなんて一ミリも恐れません。自分が「面白い」と思えば直ぐに行動し、周囲を巻き込んでいく。その、自分の「好き」に全力で向かって没頭していく姿は、多くの人を勇気づけ、多くの人を行動へと駆り立てているはずです。ちなみに僕はとても勇気づけられ、いつも刺激をもらっています。

堀江さんのような「生き方」が出来たら楽しそうですよね。しかし、「ホリエモンだからできる」とか、「一般人には無理」とついつい考えてしまう自分がいます。ただ、これは言い訳に過ぎないんですよね。自分の「好き」で生きていくことが可能な時代が始まっているのだと思います。ロケットを打ち上げること、オンラインサロンを立ち上げること、ユーチューブチャンネルを始めること、WAGYU MAFIAのような飲食店を作ること… 成功させられるかは別として、全て誰でも挑戦できることです。

いきなり堀江さんと同じほどインパクトのある生き方をするのはさすがに厳しいですが、スマホやSNSが爆発的に普及し、誰もが発信者となれる今の時代、時間を忘れて没頭できる「好き」があれば、生きていける時代になってきています。

行動して、考える。

その時に、一番大切なことが「行動」です。まずやってみる。始めてから考える。そして、堀江さんの魅力も、その行動力にあるのだと思います。いつでもまず行動しています。例えば、刑務所にいる間も紙で原稿を書き、メールマガジンで情報を発信し続けていた話は有名ですよね。刑務所の中、世間一般の人よりもかなりの自由が制限されることは容易に想像できます。ネットも無ければ自由に人と会うこともできません。その状況でもできる限りの行動を続けた訳です。本当に凄いことだと思います。

そして、この本で堀江貴文さんが主張することも、「行動すること」と言えます。小さなことでも何でもいいから、まずはやってみる。やってみて考える。つまらなかったら、またその時に考える。やればできるかもしれないし、できないかもしれないけれど、行動しなければ何も始まらない。というようにとにかく背中を押しに押しまくってくれています。

行動しなければ何も始まらないし、行動してみることで何かが変わる、ということを経験から身体で分かっているのだと思います。そして、行動してみることで人生が変わる人が沢山いるのに、行動しないことでチャンスを逃している人が多いことも知っているのだと思います。

小さな成功体験を積み重ねる。

そして、この本で堀江さんは、小さな成功体験を積み重ねることの大切も指摘しています。小さな成功体験を積み重ねていけば、やがてそれは大きな自信へとつながります。自信を持つことができれば、仕事が変わることも環境が変わることも恐ろしくはなくなりますよね。言うまでもなく、行動するからこそ小さな成功体験を経験することができます。

成功したから自信がつく訳でもなく、失敗したから自信が無くなる訳ではありません。何かをやるから自信がつくのです。「行動」した自分に対して、少しずつ自信がついていくのだと思います。この小さな成功体験を積み重ねたかどうかが、人生には大きく関わってくる気がしています。

合コンでも小さな成功を積み上げる。

成功体験を積み重ねてきた人は、そのまま油断せずに積み重ねていけばいいし、今までサボってきてしまった時は、今日から一つずつ積み重ねていけばいいのです。こう考えると、全ての行動が無駄では無くなりますよね。これは、合コンも同じです。合コンでも、連絡先を交換できた、笑わせられた、二次会に行けた… 小さな成功体験を積み重ねていくことが大切です。

そして、数々の合コンで成功体験を積み重ねているからこそ、「ここぞ」の時に大きな成果を得ることができるのではないかなと思います。タイプじゃない相手の時は、小さな成功体験を重ねる絶好のチャンスです。練習だと思って、何でも試してみるのも楽しいかもしれません。恥をかこうが、失敗しようが気にする必要はありません。

このサイト(GOUKON図書館)で紹介している本を見てもらえば分かる通り、僕の一番の興味の核は「どう生きるか」ということです。一番関心のある「どう生きるか」ということに、自分の好きな合コンと本をくっつけて出来たのがこのサイトです。2019年10月時点でサイト開設から8ヶ月が経ちました。現在、一日にサイトに訪れてくれる人は10人に届いていません。しかし、それでも続けていられるのは、単純に自分が「好き」なことだからだと思います。

文章もまだまだだし、自分自身何が言いたいのか分からなくなることも多々あります。1000字書くのに1時間以上かかることも多々あります。記事を要約するのに2時間かかることもあります。けれど、その中で沢山のことを経験し学べています。小さな成功体験を積み重ねることができています。誰の中にもある「好き」と、真剣に向き合いたくなる一冊です。この本と合コンで、皆さまの人生が更に豊かになることを願っています。

【引用・参考文献】
堀江貴文(2017)『好きなことだけで生きていく。』ポプラ社

コメント

タイトルとURLをコピーしました