合コンで男性がモテる方法。非言語コミュニケーション⑦。「触れ合い」前編。

その他

今日は、合コンで男性がモテるための「触れ合い」について書いてみます。マジョリー・F・ヴァーガス(1987)によれば、人間の触覚は、五官の中でいちばん先に発達してくる感覚の一つです。大切なことは、「触れ合い」について知ること。そして、非触覚的触れ合い(マジョリー・F・ヴァーガス,1987)を使いこなすことです。合コンでモテるためには、非言語コミュニケーションの能力を高めることです。「触れ合い」を制する者が、合コンを制することができます。

合コンでは触れないこと。

今日は、合コンで男性がモテるための「触れ合い」について書いてみます。まず最初にお伝えしたいのは、この記事で扱う「触れ合い」とは、女性に直接触れることではないということです。

「触れ合い」の意味や重要さを理解し、「非触覚的触れ合い」の使い方が上手くなることが、この記事の目的です。

モテるためには触れてはいけません。触れてモテるのは、既にモテている人だけです。矛盾しているようですが、「触れずに触れ合う」ことです。

触れずに触れ合う「非触覚的触れ合い」の巧者になることができれば、触れずにモテることができます。合コンで男性がモテるための「触れ合い」について、二回に分けて書いてみます。

死亡率を下げる、愛情のこもった世話。

母親と新生児のコミュニケーションの最初の数時間は、すべて触覚によるものである。

マジョリー・F・ヴァーガス(著)石丸正(訳)(1987)『非言語コミュニケーション』新潮社,p.119

赤ちゃんが産まれると、ある母親は赤ちゃんの指や足をやさしく撫でます。ある母親は、赤ちゃんをやさしく抱きしめます。赤ちゃんが産まれたその瞬間から、母親と赤ちゃんの間に、コミュニケーションが生まれます。

触ること、撫でること、抱きしめること、全てがコミュニケーションです。そして、そのコミュニケーションは、全て触覚による「触れ合い」です。もし、「触れ合い」が無かったらどうなってしまうのでしょうか。

1920年頃、設備の整った衛生的な孤児院で、食事をしっかり与えていても、罹患零歳児の死亡率は100%でした。当時の医学で死亡原因は分からず、「衰弱症」と呼ばれていました。

そんな中「衰弱症」への対策として、「母親看護制度」なるものが導入されます。「母親看護制度」では、母親が赤ちゃんを抱き上げたり、抱いたまま歩き回ったり、授乳したり… 1日に数時間、母親が赤ちゃんと「触れ合う」時間を確保するようにしました。

すると、赤ちゃんの死亡率は低下していきます。「母親看護制度」を導入したことで、、乳幼児死亡率が55%から10%以下にまで下がった病院もあります。

「衰弱症」の治療法はほかならぬTLC(やさしい、愛情のこもった世話)だったのだ。

マジョリー・F・ヴァーガス(著)石丸正(訳)(1987)『非言語コミュニケーション』新潮社,p.120

赤ちゃんにとって、母親との「触れ合い」が大切だというのは今では常識です。しかし、ほんの100年ちょっと前までは、「触れ合い」はそこまで重視されていなかった訳です。

触れ合った人。触れ合ってない人。

また、『非言語コミュニケーション』(マジョリー・F・ヴァーガス,新潮社)の121ページでは、神経心理学者であるジェームス・W・プレスコットの次のような言葉が紹介されています。

視覚、聴覚、嗅覚、味覚とは関係なく、身体接触と運動の欠落は、抑鬱、自閉、活動過多、異常性行為、薬物乱用、凶暴性、攻撃性などを含む数多くの情緒障害の原因になる。

マジョリー・F・ヴァーガス(著)石丸正(訳)(1987)『非言語コミュニケーション』新潮社 ,p.121

そして、マジョリー・F・ヴァーガス(1987)は、次のように述べています。

しっかりと心のこもったやり方で、添い寝をしてもらい、抱きしめられ、撫でたり触ったりしてもらえない子どもたちには、その接触欠落の痕跡が一生残るらしいことは、まことに興味深い。

マジョリー・F・ヴァーガス(著)石丸正(訳)(1987)『非言語コミュニケーション』新潮社 ,p.121

更に、『非言語コミュニケーション』(マジョリー・F・ヴァーガス,新潮社)の123ページでは、シドニー・B・サイモンの次のような報告も紹介されています。

「触れ合う」ことがどれだけ大切なのか、ということがわかります。そして、「触れ合う」ことが、一人の人間にどれだけ影響を与えるのか、ということもわかります。

赤ちゃんの時や小さい頃に、心のこもった「触れ合い」を経験した人もいます。心のこもった「触れ合い」を経験していない人もいます。それにもかかわらす、20年経てばみんな同じ「大人」として、同じ社会の中で生きていかなければなりません。

性的ではない愛情をこめた抱きしめを十分に経験した子どもたちは、親指しゃぶり、飲酒、薬物乱用、性的放縦に走る傾向が少なく、さらに喫煙やくだらぬ食べものの衝動買いの傾向も少ないのである。またこのような子どもたちは、よりしっかりした意思決定ができるし、同年齢の仲間からのプレッシャーにもより強く耐えられる傾向がある。

マジョリー・F・ヴァーガス(著)石丸正(訳)(1987)『非言語コミュニケーション』新潮社 ,p.123

そもそものスタートラインが全員違うということは、忘れてならない大切なことです。そして、そのスタートラインの違いは、外からは見えません。

「触れ合い」でしか得られないもの。

さて、「触れ合い」がどれだけ大切なのか、そして、「触れ合い」が人の成長にどれだけ大きな影響を与えるのか、ということがわかりました。

では、大人になったわたし達の「触れ合い」にはどんなものがあるのでしょうか。性的なものを含まなければ、それは「高度に儀礼化されたもの(マジョリー・F・ヴァーガス,1987)」が、まずはあげられます。

例えば、人と出会った時です。日本では少ないかもしれませんが、人と出会った時の挨拶として「ハグ」や「キス」「握手」が世界中で行われています。そして、別れる時も「ハグ」や「キス」「握手」をします。

ちなみに、マジョリー・F・ヴァーガス(1987)によれば、出会いの時より別れの時の方が、接触の頻度は高く、接触の時間は長くなるそうです。

では、なぜ、わたし達は出会った時や別れる時、「触れ合う」のでしょうか。「触れ合いたくなる」のでしょうか。それは、「人間の満足感や慰安感には、触覚を通してのみ得られ他の方法では得られないものがある(マジョリー・F・ヴァーガス,1987)」からです。

想像してみてください。自分が病気で入院している時、恋人がお見舞いに来てくれました。恋人はフルーツを持ってきてくれて、色々と声をかけてくれました。そして、帰って行きました。

またまた想像してみてください。自分が病気で入院している時、恋人がお見舞いに来てくれました。今度はフルーツはありません。何も話しません。何も言わずにただ背中をさすってくれます。

フルーツも嬉しいし、話しも嬉しいのは間違いありません。しかし、「背中をさする」という「触れ合い」には、一味違った満足感や慰安感があります。これこそが、「触れ合う」ことの効果です。

「触れ合い」というメッセージ。

「接触」によって伝達できるメッセージもあります。そして、そのメッセージは、接触の仕方、時間、回数、接触する部分… によってメッセージが異なります。

例えば、肩を軽くポンポンと叩くのと、背中をバシッと叩くのでは、伝達できるメッセージは変わります。

肩を軽くポンポンと叩いたのは、車の後部座席に乗っている時、運転席の人に「マック寄って」と伝えたかったからです。背中をバシッと叩いたのは、サッカーの試合に参加する選手に対して、監督が気合いを入れて送り出したからです。

また、悲しんでいる人や落ち込んでいる人を慰めたいと思った時、やさしく手を握ったり、やさしく抱きしめたりします。言葉ではなく、「触れ合う」ことで想いを伝えている訳です。

それだけでは意味のはっきりしない身体接触も、ことば、意味深長な注視、その場にふさわしい顔の表情などを伴うことによって、その意味をはっきりさせることができるのだ。

マジョリー・F・ヴァーガス(著)石丸正(訳)(1987)『非言語コミュニケーション』新潮社,p.127

ことばでしか伝えられないこともあれば、ことばを使わないからこそ、伝えられるメッセージもあるということです。

「触れ合い」制す者が合コンを制す。

今日は、合コンで男性がモテるための「触れ合い」について書いてみました。この記事では、「触れ合い」の大切さや「触れ合い」の影響、メッセージとしての「触れ合い」を扱ってみました。

次回は、触れ合わない触れ合いである「非触覚的触れ合い」について書いてみます。合コンでいきなり「触れ合う」ことはできないので、「非触覚的触れ合い」を理解することは、合コンでモテることにきっと役立つはずです。

新型コロナウィルスが世界中に蔓延している現在、「触れ合わない生活」が浸透してきています。しかし、だからこそ「触れ合う」ことの意味や大切さが改めて見つめ直されています。

モテるために必要なのは、「ことばならざることば(マジョリー・F・ヴァーガス,1987)」の技術です。「触れ合い」を制する者だけが、合コンを制することができます。

この記事が、男性がモテるために少しでも役に立つことができたら幸いです。合コンには人生を豊かにする力があります。合コンで、皆さまの人生が更に豊かになることを願っています。

【引用・参考文献】

マジョリー・F・ヴァーガス(著)石丸正(訳)(1987)『非言語コミュニケーション』新潮社


プロフィール
この記事を書いた人
majima.minoru

これまでに4000件以上の合コンをセッティングし、4000件以上の合コンを見てきました。
合コンと本とスペアリブが好きです。当サイトを運営しています。

majima.minoruをフォローする。
その他
この記事をシェアする。
majima.minoruをフォローする。
間島稔の合コン図書館

コメント

タイトルとURLをコピーしました