ビヨンド合コン。その1。普通の人と出会う確率。

その他

「その人と出会える確率はどのくらいなのか」を知っていることが大切です。合コンで「普通の人と出会う確率」について書いてみました。

普通でいい。いや、むしろ普通がいい。

合コンで磨かれるスキル。合コンを通して人がどのように成長できるのか。というように、これまでは、合コンの持つ魅力について書いてきました。今日は、合コンの「向こう側」について、ぬるく書いてみます。

合コン後に色々なお話を聞かせて頂くことがあります。その時によくお聞きすることがあります。普通の人でいい。いやむしろ、普通の人が良いということです。よくお聞きするということは、もしかしたら「普通の人」ってあまりいないのかもしれません。皆さんの周りには、どのくらい「普通」の人がいるでしょうか。

そこで今回は「普通の人と出会える確率」ということについて書いてみたいと思います。合コンの「向こう側」にいる「自分」は、いったいどれくらいの合コンに参加すれば、「普通の人」に出会えるのでしょうか。

まず試しに、Googleで「ふつう」と検索してみました。

いつ、どこにでもあるような、ありふれたものであること。他と特に異なる性質を持ってはいないさま。

2020年3月30日,Googleで検索

なるほど。面白みがあるかどうかは別としてこれは普通ですね。普通の定義が、「いつ、どこにでもあり、ありふれたもの」だとすると、なかなか会えないというのはもしかしたら普通じゃないのかもしれません。早速考えていってみましょう。

身長&年収&見た目、が「普通」はレア。

ここでは分かりやすくするために、女性目線で男性を探してみます。そして、「普通=50%」として考えてみます。

身長で例えてみると、背の高い順に100人が一列に並んだとします。1番目〜50番目までの50人を、ここでは「普通」としてみます。テストの点数で例えてみると、点数の高い順に100人が一列に並んだとします。1番目〜50番目までの50人を、ここでは「普通」としてみます。

実際は、身長、テストの点数、どちらの場合も、上位や下位であるほど、「普通でない」と言えるのですが、ここではわかりやすくするために、上位50人=普通としてみます。更に、計算しやすくするために、ここでは選べる要素を身長、年収、見た目の三つに絞って、普通の人のいる確率を計算してみます。

身長が100人中上位50人の中に入っている。かつ、年収が100人中上位50人の中に入っている。かつ、見た目が100人中上位50人の中に入っている。という人になります。

・身長→普通(50%)
・年収→普通(50%)
・見た目→普通(50%)

すると、この条件を満たす人は、
0.5×0.5×0.5=0.125
全体の12.5%(100人中、約13人)です。 思ったより低いですよね。 ものの本によれば、自販機の下にお金が落ちている確率は10%と言われています。このように、全ての要素において「普通」を求めると、それはレアな存在へと変わっていってしまうのです。もしここに、

・性格も普通(50%)
・服装も普通(50%)

という要素をプラスすると、その条件を満たす人は、
0.5×0.5×0.5×0.5×0.5=0.03125
全体の3.13%(100人中、約3人)になります。 ちなみに、ものの本によれば、 ガリガリ君が当たる確率は4%と言われています。

「出会えない」ことが普通。

「普通」な男子を探していると思いきや、実は、全体の中で3%しか存在しない、とてもレアな存在を探し求めているということになるわけです。ちなみに統計学の世界では、5%以下の確率で起こるのは、「滅多に起こらないこと」と言われています。

つまり、統計学的な視点から見れば、全体の5%しかいない相手に出会えることは「滅多にないおかしなことが起きている」ということになってしまうのです。

自分が探している「普通の人」は、自分がそう感じているだけで、もしかしたら、全体からみれば3%や5%しか存在しないのかもしれません。もし全体の3%や5%の存在なのだとしたら、「なかなか出会えない」ことこそが普通だと言えるのです。逆を言えば、いま出会っている人こそが「普通の人」とも言えます。100人中50人が「普通」だとすれば、4対4の合コンに10回行けば、20人は 「普通の人」 が存在する計算になります。

自分が出会いたい人とはどのくらいの確率で出会えるのか。

合コンで「いい出会いがない」と感じた時、「自分が探している相手と出会える確率はどのくらいなのか」、「自分が探している相手は100人中何人くらいいるのか」ということを自分自身で知っている、ということはとても大切です。

もし、自分が出会いたいと考えている人が、全体に10%いるということを知っていれば、「4対4の合コンを3回やれば1人はいるだろう」と予想を立てることができます。すると、1回目、2回目の合コンが空振りだったとしても冷静に3回目の合コンに参加することができます。

もし、自分が出会いたい人が1%しか存在しない人だとしたら、「5対5の合コン20回だな」と戦略を立てることができます。自分が出会いたい人とはどのくらいの確率で出会えるのか。このことをしっかりと認識できていれば、人生の中で一番大切な「時間」を無駄にしてしまうことが無くなるはずです。

さて、合コンの「向こう側」にいる「あなた」は、いったいどれくらいの合コンに参加すれば、「普通」の人に出会えそうでしょうか。合コンには人生を豊かにする力があります。合コンで、皆さまの人生が更に豊かになることを願っています。

ビヨンド合コン。その6。その後。
人に絡みつく自分、近い人に不機嫌になってしまう自分の「本当に求めているもの」が分かれば幸せなることができます。大切なことは自分を知ることです。何かが欠けている自分を認めることができれば、何かが欠けている自分として生きていくことができます。合コンのその後を書いてみました。
ビヨンド合コン。その7。近い人との関係。
次から次へと恋人を変えてしまうのは、男運が無いのでも女運が無いのでもありません。根本的な原因は、自分の中にあります。「近い人」との関係について書いてみました。
プロフィール
この記事を書いた人
majima.minoru

これまでに4000件以上の合コンをセッティングし、4000件以上の合コンを見てきました。
合コンと本とスペアリブが好きです。当サイトを運営しています。

majima.minoruをフォローする。
その他
この記事をシェアする。
majima.minoruをフォローする。
間島稔の合コン図書館

コメント

タイトルとURLをコピーしました