合コンと恋愛心理学。その3。焦る時。

その他

今日は、齋藤勇(編著)『イラストレート 恋愛心理学:出会いから親密な関係へ』を参考に「焦る時」について書いてみます。鍵は「恋愛ポジティブ幻想」と、「恋愛普及幻想」の存在です。

合コンで焦る時。

合コンをセッティングしていると、「早く彼氏ほしい」「早く彼氏作らなくちゃ」という声や、「彼女ほしい」「彼女つくらないとヤバい」という声をよくお聞きします。

よく言えば積極的です。悪く言えば、焦っているとも言えます。でも、一度考えてみましょう。本来、恋人がいなければ幸せになれない、恋愛をしていなければ幸せにはなれない、なんていうことはありません。恋愛や恋人の存在は、幸せになるためのたった一つの手段なはずです。

結婚。

では、なぜ焦るのでしょうか。一つ目は、結婚の存在があります。〇歳までに結婚したいと考えていれば、パートナーが必要になります。そもそも、パートナーがいなければ結婚はできません。30歳までに結婚したい、35歳までに結婚したい… と考えていれば、パートナーがいない状況は焦って当然です。

子供。

二つ目は、子供の存在です。例えば「子供が欲しい」と女性からお聞きすることがあります。そして、「早くしなきゃ」という話もお聞きします。子供を出産できる期間は限られているので「なるべく早く」と思うのは当然なのかもしれません。

ただ、滝川クリステルさんのように40歳以上で出産されている女性も沢山います。2020年2月11日の『週間女性PRIME』には、不妊症を専門とする『西川婦人科内科クリニック』の西川由伸院長のコメントが掲載されています。西川由伸院長によれば、日本では40歳以上で出産する女性は年間約5万人、45歳以上では1500人いるそうです。

因みに、滝川クリステルさんが出産したのは42歳。ハリウッド女優のキャメロン・ディアスさんは47歳で出産しています。日本だけでも40歳以上の女性が年間5万人も出産されているんです。焦り過ぎる必要はないのかもしれません。

恋愛ポジティブ幻想。

三つ目が今日のテーマである「恋愛」の背後にある二つの幻想の存在です。その幻想とは、「恋愛ポジティブ幻想」(若尾,2003)と、「恋愛普及幻想」(若尾,2003)です。

まず、「恋愛ポジティブ幻想」(若尾,2003)についてです。「恋愛」と聞くとどのようなイメージを持つでしょうか。恐らく多くの人が「楽しい」「幸せを与えてくれる」… というようにポジティブなイメージを持つと思います。

このことは、『イラストレート 恋愛心理学:出会いから親密な関係へ』(齋藤勇(編著),誠信書房)の38ページで紹介されている金政ら(2001)の「恋愛のイメージと好意理由に及ぼす異性関係と性別の影響」という研究でも明らかにされています。日本の若者は恋愛に対して非常にポジティブなイメージを持っているのです。

そして、恋愛がポジティブなイメージを持つと、結果として「恋人がいる人」に対する評価にも影響を与えます。例えば、次の二つの文章の続きを考えて、文章を完成させてみてください。

①恋人がいる人は,____。

②恋人がいない人は,____。

若尾(2003)によると、①の文章には「恋人がいる人は,魅力的。」「恋人がいる人は,明るい。」というような良いイメージが多く見られ、②の文章には「恋人がいない人は,暗い。」「恋人がいない人は,話下手。」というような悪いイメージが多く見られるそうです。

このように、恋人がいる人にはポジティブな(良い)性質があると考えられ、恋人がいない人にはネガティブな(悪い)性質があると考えられていることを見出したのが若尾(2003)です。そして、これを「恋愛ポジティブ幻想」と名付けた訳です。

恋愛普及幻想。

もう一つが、「恋愛普及幻想」(若尾,2003)です。ざっくり言うと、これは、実際よりも多くの未婚者の人に恋人がいると感じてしまっている状況のことを言います。

街を歩けば、どこを見てもカップル同士… テレビを見れば、恋人同士が楽しそうに遊びに行っている… ドラマを見れば、沢山の恋愛が繰り広げられている… 。すると、世の中の大半の人に恋人がいると感じるようになります。

しかし、未婚者の人の恋人のいる割合は、現実では30%程度と言われています。つまり、未婚者の半分以上、むしろ大半には恋人がいないことになります。国立社会保障・人口問題研究所の第15回出生動向基本調査によれば、

2015年の18~34歳未婚男性で、「恋人として交際している異性がいる」人の割合は19.7%です。

2015年の18~34歳未婚女性で、「恋人として交際している異性がいる」人の割合は27.3%です。

2015年のデータではありますが、18~34歳未婚の男性だけで見ると約80%の人に恋人がいません。18~34歳未婚の女性だけで見ると約72%の人に恋人がいません。全体で見ると、約76%の人に恋人がいないことになります。

18~34歳の未婚者100人と同じクラスになったとしたら、恋人がいるのはたったの24人です。約4分の1です。そうです。現実において、恋愛は大して普及していないんです。

しかし、多くの人が恋愛普及率を過大視してしまっています。このことを明らかにしたのが、若尾(2003)であり、これを「恋愛普及幻想」と名付けた訳です。

結論。焦る必要無し。

このように、私たちは知らず知らずのうちに「恋愛」に対して、「恋愛ポジティブ幻想」や「恋愛普及幻想」を抱いてしまっています。そして、この「幻想」が私たちを焦らせているのではないでしょうか。

自分には魅力がないから恋愛できないのではないか… 。ずっと恋人がいないのは性格に何か問題があるからではないのか… 。周りは恋人だらけなのに、独り身でヤバい… 。早く恋人を作らないと… 。これらは、もしかしたら、全部幻想なのかもしれません。

現実を冷静に見てみれば、必ずしもポジティブな人だけに恋人がいる訳ではありません。ネガティブな人にもしっかり恋人はいます。ポジティブでも恋愛下手な人だって沢山います。そして、独身で幸せいっぱいな人だって沢山います。

始めに戻りますが、恋愛をすることや、恋人の存在は、幸せになるためのたった一つの手段です。恋愛をすれば、恋人ができれば、幸せになれる訳ではありません。

結論です。結局何が言いたいかと言うと、焦る必要なんて一つもないということです。

「恋愛ポジティブ幻想」と「恋愛普及幻想」。この二つの幻想の存在を知っていれば、彼氏や彼女がいないことや、恋愛をしていないこと、恋愛経験が無いこと… を、それはそれとして冷静に判断できるようになります。ネガティブになり過ぎる必要もなければ、無用な悩みを抱える必要はどこにもないのです。

恋愛下手な自分、ネガティブな自分、ずっと恋人のいない自分… 。それは、今の自分が幸せになれない理由にはなりません。「恋人さえいれば幸せになれる」と考えているとしたら、それこそが大きな幻想です。

「いい大学を卒業して安定した大企業に入り、結婚して子どもをつくって都会でマイホームを購入する。それこそが幸せな人生だ」というファンタジーは、もはやメッキが剥がれて空洞化している。幸せのかたちに正解なんてあるはずがない。だからこそ「自分はどんな生き方をしたいのか」、真剣に考えてみてほしい。

堀江貴文(2020)『99%の人が気づいていないお金の正体』宝島社,p.117

「幻想」に振り回されてはいけません。この記事が、自分だけの「幸せ」を探すきっかけの一つになれれば幸いです。合コンには人生を豊かにする力があります。合コンで、皆さまの人生が更に豊かになることを願っています。

【引用・参考文献】

齋藤勇(編著)(2006)『イラストレート 恋愛心理学:出会いから親密な関係へ』誠信書房

堀江貴文(2020)『99%の人が気づいていないお金の正体』宝島社

金政祐司・谷口淳一・石盛真徳(2001)「恋愛のイメージと好意理由に及ぼす異性関係と性別の影響」対人社会心理学研究,1,147-158.

若尾良徳(2003)「日本の若者に見られる2つの恋愛幻想ー恋人がいる人の割合の誤った推測と、恋人がいる人へのポジティブなイメージ.東京都立大学心理学研究,13,9-16.



プロフィール
この記事を書いた人
majima.minoru

これまでに4000件以上の合コンをセッティングし、4000件以上の合コンを見てきました。
合コンと本とスペアリブが好きです。当サイトを運営しています。

majima.minoruをフォローする。
その他
この記事をシェアする。
majima.minoruをフォローする。
間島稔の合コン図書館

コメント

タイトルとURLをコピーしました