合コンで男性がモテる方法。見た目編。

その他

今日は、合コンで男性がモテるための「見た目」について書いてみます。大切なのは清潔であることです。清潔であれば、例え服装がダサくてもどうにかなります。

モテる男性。モテない男性。

ここにお洒落な男性がいます。しかし、彼はモテません。なぜなら、爪が伸びていて、いっさい手入れがされていないからです。

ここに、話の面白い男性がいます。しかし、彼もモテません。なぜなら、鼻毛がはみ出しているからです。ここに、イケメンがいます。しかし、彼もまたモテません。なぜなら、フケが溜まっているからです。

女性は、どんなにカッコいい服を着ていようと、不潔感のある男性には、生理的に拒否反応を示すものです。

冨田隆(2000)『サルでもモテる「デート講座」』三笠書房

合コンでモテるために必要なのは、お洒落でも、軽快なトークでもありません。清潔感です。何よりも清潔であることです。お洒落やトーク力は、清潔感という土台の上に乗っかることで、初めて力を発揮していきます。

合コンで男性がモテる「見た目」について書いてみます。

結論。清潔であること。

この記事を書くにあたり、「モテる服装とは?」ということを考え、調べてみました。服装心理学の論文や、メンズファッションバイヤーのMBさんの大人気ブログ『Knower Mag』を読みこみました。

そして、行き着いた結論があります。「モテる服装」それは、「とにかく清潔であること」です。清潔でありさえすれば、何を着ても大丈夫です。逆を言えば、「清潔でない」ならば、何を着てもダメです。

合コンで男性がモテるために必要なことは、何よりも清潔感です。例えば、MBさんのブログを読み、「なるほど!大切なのはドレスとカジュアルのバランスなんだ!」と感じ、少しずつお洒落になっていったとします。

しかし、どれだけお洒落になっても、爪や髪の手入れがされていなかったら、やはり合コンではモテません。

一方、服装はややダサいけれど、髪や爪、髭の手入れはバッチリで、清潔感だけは漂う男性はどうでしょうか。「ちょっとダサいなー」と女性は感じるかもしれませんが、「生理的に拒否反応を示す(冨田,2000)」ことはないはずです。

服が重要でない訳ではありません。お洒落に価値がない訳でもありません。好きな服を着てお洒落を楽しむことは素晴らしいことです。ただ、合コンでモテることを考えるのであれば、そこに「清潔感」が無ければ絶対にダメです。

服がダサくても女性は「生理的に拒否反応を示す(冨田,2000)」ことはありません。生理的な拒否反応が起こるのは、不潔だからです。清潔感がゼロだからです。

「想い」が生む清潔感。

なぜなのでしょうか。それは、女性が「服はあくまでも自分を引き立てる手段(冨田,2000)」ということを知っているからです。どれだけ外側がキレイに整っていても、中身に魅力が無ければ、やはり欲しくはなりません。

女性に会う。そのために、爪を切り、髭をそり、髪を整え、汚れていない服を選び、身体をキレイにする… 最低限の身だしなみを整えることは、女性に対する「あなたと会うことを楽しみにして来ました」というメッセージです。

子どもを産み育てる役割を担ってきた女性にとって、不潔さは好みの問題というより、生命の危険につながりかねない問題です。

冨田隆(2000)『サルでもモテる「デート講座」』三笠書房

つまり、モテる男性というのは、女性のことを理解しようと考えているからこそ、女性の気持ちに寄り添おうとしているからこそ、「清潔」であろうとする訳です。

「あなたと会うことを楽しみにしています」「あなたを大切にしています」という想いが中にあるからこそ、その想いが外側の清潔感につながっていきます。だからこそ、「清潔感のある男性」がモテます。

清潔とは、マイナスをゼロにすること。

さて、ここまでは「清潔感」の大切さを書いてきました。では、そもそも「清潔」とはどのような状態をいうのでしょうか。キレイな白いシャツさえ着れば、「清潔感のある男」になれるのでしょうか。

答えはNOです。キレイな白いシャツは確かに素敵です。しかし、清潔であることの本質は「キレイな白いシャツ」ではありません。「キレイな白いシャツ」はあくまでパッケージです。ペットボトルで言えばラベルです。

清潔にするということは、自分の外側に何かをつけ加えてプラスにすることではなく、無駄なものを取り払い、マイナス面をなくして自分をゼロにすることです。

加藤鷹(2003)『秘戯伝授〈最終章〉:不安が自信に変わる時』KKロングセラーズ

清潔であることの本質は、とてもシンプルです。ブランドものの良い服も、高価な腕時計も必要ありません。まずやるべきことは、何もつけていない「裸の自分」をゼロの状態にしておくことです。

爪を切り、鼻毛を整え、髪の毛をキレイにし、耳あかを掃除し、足の指の間までもキレイにしておく。「デートのときに必要なのは、最低限の身だしなみを整えておくこと(冨田,2000)」だということです。

このように、「モテる」ためには、今の自分が持っていないものを無理して身につける必要はないことがわかります。「モテる」ために大切なのは、今の自分ができることを、きっちりとやることです。自分がもっているモノを磨きあげることです。

では、清潔であるために、具体的には何ができるのでしょうか。加藤(2003)によれば、爪を短く切る、爪の垢を掃除する、手をよく洗うことが基本です。更に高みを目指す時は、爪にヤスリをかけ軽石でて指を滑らかツルツルにすることです。これで完璧です。

「持っているもの」を大切にする。

さて、今日は合コンで男性がモテるための「見た目」について書いてみました。合コンで男性がモテるためには、何よりも清潔であることが大切です。

清潔であるとは、「自分をゼロにする(加藤,2003)」ことです。自分の持っているものを一つ一つ磨いていくことが清潔であることです。

人生の勝者は、自分の持っているものを大切にしています。そして、自分の持っていないものにはこだわりません。この記事で、一人でも多くの男性が「合コンでモテる」ようになることを祈っています。

合コンには人生を豊かにする力があります。合コンで、皆さまの人生が更に豊かになることを願っています。

【引用・参考文献】

加藤鷹(2003)『秘戯伝授〈最終章〉:不安が自信に変わる時』KKロングセラーズ

竹内一郎(2005)『人は見た目が9割』新潮社

冨田隆(2000)『サルでもモテる「デート講座」』三笠書房




プロフィール
この記事を書いた人
majima.minoru

これまでに4000件以上の合コンをセッティングし、4000件以上の合コンを見てきました。
合コンと本とスペアリブが好きです。当サイトを運営しています。

majima.minoruをフォローする。
その他
この記事をシェアする。
majima.minoruをフォローする。
間島稔の合コン図書館

コメント

タイトルとURLをコピーしました