合コンと恋愛心理学。その7。合コンとボディタッチ。後編。

その他

今日は、齋藤勇(編著)『イラストレート 恋愛心理学:出会いから親密な関係へ』を参考に、合コンで男性が「ボディタッチ」してはいけない理由を深掘りしてみます。結論、合コンで女性からのボディタッチはOKです。男性からのボディタッチはNGです。

感情を伝えるもっとも優れたコミュニケーション。

前回書いた『合コンと恋愛心理学。その7。合コンとボディタッチ。前編。』では、ボディタッチ(タッチング)等の身体的接触は、感情を伝えるもっとも優れたコミュニケーションであることを紹介しました。

繰り返しになりますが、タッチングを上手に使うことで自分の想いを効果的に相手に伝えることができます。つまり、上手にタッチングを使いこなすことができれば、合コンを制することができる… とも言えます。

しかし、そう単純でもありません。タッチングが優れたコミュニケーションであることに変わりはありません。ただ、合コンでその効果を発揮できるかと言えば… そうとも言えるし、そうとも言えない… ということになります。

合コンの場で言えば、ざっくり言うと、女性側からのタッチングにはプラスの効果があります。男性側からのタッチングにはマイナスの効果があります。そのため、女性はタッチングを上手に使いこなせば合コンを制することができます。逆に、男性はタッチングをしないことが合コンを制することにつながります。

遊び型。甘え型。

まず、タッチングの「型」を見てみます。齋藤(2006)によれば、合コンの場においてタッチングは大きく分けて「遊び型」と「甘え型」の二つに分類されます。

「遊び型」とは、「肩にジープ乗っかってるね!」と言いながら腕を触る。怒ったふりをして叩く。話が合って握手する。というような、合コンの流れの中でさりげなく行われる「良い意味でふざけた感じ」のコミュニケーションのことです。

「甘え型」とは、落ち込んだフリをして頭をなでてもらう。「肩こりが辛い…」という話をして、肩を揉んでもらう。酔ったフリをして手を引いてもらう。というように、相手の同情から接触を求めるコミュニケーションのことです。

想像してみてください。合コンが始まりました。隣の人に「肩にジープ乗っかってるね!」と言いながら腕を触られました。怒ったフリをして、軽く肩を叩かれました。話が合って握手をしました。

想像してみてください。合コンの終盤、「肩こりがひどくて…」と肩を揉んで欲しいアピールをされました。酔ったフリでもたれかかられました。

さて、どのように感じたでしょうか。わたしは男なので男性目線でしか言えませんが、わたしであれば、全てのタッチングに対して好意的な印象を持ちます。筋肉を触られても嬉しいし、叩かれても嬉しいです。では、女性はどのように感じているのでしょうか。

69点と52点。

ここに一つのデータがあります。『イラストレート 恋愛心理学:出会いから親密な関係へ』(齋藤勇(編著),誠信書房)の94-95ページには、菅原が「大学間のコンパでの身体的接触」について調査した調査結果がまとめられています。この調査結果を参考に男性と女性の身体的接触に対する好感度を「見える化」してみます。

分かりやすくするために、相手から触られることへの好感度を100点満点で表します。ちなみに、好感度が一番高いのが100点です。好感度が一番低いのが0点です。

そして、大切なのが60点のラインです。点数が60点以下は不快領域です。つまり、好感度が60点を下回る時、相手は行われた身体的接触に対して「不快」と感じています。早速見てみましょう。

男性の場合

話が合って握手される 76点

冗談のつっこみで肩を叩かれる 72点

ねえ、と呼びながら触れられる 72点

挨拶のときに握手される 68点

酔ったふりでもたれかかられる 68点

物を渡すとき相手に触れられる 66点

手相を見ながら触られる 62点

齋藤勇(編著)(2006)『イラストレート 恋愛心理学:出会いから親密な関係へ』誠信書房,p.95を参考に作成

女性の場合

話が合って握手される 64点

冗談のつっこみで肩を叩かれる 60点

ねえ、と呼びながら触れられる 52点

挨拶のときに握手される 50点

酔ったふりでもたれかかられる 40点

物を渡すとき相手に触れられる 52点

手相を見ながら触られる 44点

齋藤勇(編著)(2006)『イラストレート 恋愛心理学:出会いから親密な関係へ』誠信書房,p.95を参考に作成

男性が女性から身体的接触を受けた時に感じる好感度の平均は69.1点です。女性が男性から身体的接触を受けた時に感じる好感度の平均は51.7点です。

このように、男性と女性では身体的接触、つまりタッチングに対しての感じ方に大きな違いがあることがわかります。そもそも、ボディタッチが許されるかどうかのボーダーラインは60点です。女性の感じる好感度の平均が51.7点ということは、女性は合コン等、まだあまり親しくない人との出会いの場面での身体的接触に対して、完全に「不快」と感じているということです。

男性側の「最近、手相勉強してるんだよね」は合コンではいりません。物を渡す時に触れるのもやってはいけません。「触らず渡せるっしょ」と女性は思っています(想像ですけど)。挨拶での握手もいりません。「ここ日本だから」と女性は思っています(想像ですけど)。

一方、男性が女性から身体的接触を受けた時に感じる好感度の平均は69.1点です。そして、全ての項目で60点を上回っています。

つまり、女性側は「肩にジープ乗っかっちゃってんじゃん」と言いながら、どんどんタッチングしても問題はないということです。男性はきっと、心の中で「もっともっと!」と思っています。

特に、男性側の感じる好感度が70点を超えている、三つの項目は覚えておいて損はありません。

まず、話があったら握手です。そして、冗談に対しては、どれだけつまらなくても軽く肩を叩きながらツッコミましょう。場がシラケそうな時は、「血吸うたろか!」と言いながらもありかもしれません。最後に「ねえ」と呼びながら軽く触れ、自分で取れないものを取ってもらいましょう。

男性に許されるボディタッチ「守り型」。

ここまでは、合コンでのタッチングを見てきました。合コンの特徴は何といっても初対面ということです。初対面から二人の関係が発展するとタッチングに対する感じ方はどのように変化していくのでしょうか。

『イラストレート 恋愛心理学:出会いから親密な関係へ』(齋藤勇(編著),誠信書房)の95-96ページには、菅原が、大学生300名余りを対象に「デートの場面」での身体的接触についても分析しています。

菅原の調査によれば、「デートの場面」における身体的接触は「甘え型」「守り型」「性的接触型」の三つに分類できるといいます。

•甘え型

すねて相手の手や服をひっぱる。冗談に怒ったふりをして叩く。寒いと言って相手をつっつく。注意をひくため、ねえねえと腕に触れる。

•守り型

満員電車で相手を守ろうと支える。危険なときに抱き寄せる。観覧車の乗降で手を貸す。

•性的接触型

キスする。肩を抱く。手をつなぐ。

齋藤勇(編著)(2006)『イラストレート 恋愛心理学:出会いから親密な関係へ』誠信書房,p.96

菅原によれば、男性側は「守り型」の頻度が多くなり、女性側は「甘え型」の頻度が多くなるといいます。

そして、ここでも先ほどと同じ傾向が見られます。男性側は「女性の男性に対する身体的接触」について全般的に好ましく感じています。女性側は「男性の女性に対する身体的接触」について冷たい態度を持っていると言います。

しかし、女性に対する「守り型」の身体的接触に対してだけは女性側の許容度は高くなるそうです。だからこそ男性は「守り型」の行動を多く取るのかもしれません。

大切なのは、時、場所、親密度。

さて、今日はボディタッチ(タッチング)等の身体的接触について書いてみました。タッチングは、感情を伝えるもっとも優れたコミュニケーションです。しかし、男性と女性、時と場所、により使い方を分けていく必要があります。

初対面では、「遊び型」「甘え型」からスタートしていきましょう。ただし、初対面の場所、例えば合コンにおいては、男性はタッチングは行わない方が無難です。女性は下品にならない限り、合コンのような初対面の場所でもタッチングしていっても問題はありません。

デートまで進めば、男性もタッチングを上手に使うことで自分の想いを効果的に相手に伝えることができます。ただし、それは「守り型」に限られます。守って守って守りまくりましょう。「遊び型」や「甘え型」のタッチングを行う時は、細心の注意を払いましょう。

女性は引き続き「甘え型」「遊び型」のタッチングを行えば、自分の想いを効果的に相手に伝えることができるはずです。

そして、少しずつお互いの心理的距離が近くなり、親密度も高くなり、初めて「手をつないだり」する「性的接触型」のタッチングを行うタイミングが訪れます。これは失敗を重ねながら経験していくしかありません。

上手にタッチングを使いこなすことができれば、効果的に自分の想いを相手に伝えることができます。そして、タッチング制する者が合コンをも制することができます。繰り返しになりますが、合コンでは女性からのボディタッチはOKです。しかし、男性からのボディタッチはNGと考えておくのが基本のスタイルです。

合コンには人生を豊かにする力があります。合コンで、皆さまの人生が更に豊かになることを願っています。

【引用・参考文献】

齋藤勇(編著)(2006)『イラストレート 恋愛心理学:出会いから親密な関係へ』誠信書房

渋谷昌三(2012)『人には聞けない 恋愛心理学入門』かんき出版

渋谷昌三(2014)『思いのままに人を動かす 心理学入門』かんき出版




プロフィール
この記事を書いた人
majima.minoru

これまでに4000件以上の合コンをセッティングし、4000件以上の合コンを見てきました。
合コンと本とスペアリブが好きです。当サイトを運営しています。

majima.minoruをフォローする。
その他
この記事をシェアする。
majima.minoruをフォローする。
間島稔の合コン図書館

コメント

タイトルとURLをコピーしました