ハイスぺ系や「安定」を重視した合コンをする前に読んでおきたい本。

イメージ画像その他

興奮度★★★★

この記事のポイント。

時代は資本主義から価値主義へ。価値主義の時代。

お金に対する意識が変わっていきます。お金に対する意識が変わると、仕事、結婚、人生、に対する意識も変わっていきます。

そこで大切なことは、熱量をもって取り組めることを持つということ。価値主義の時代にどう生きるか、そんなことを考えた時に読みたい一冊です。

▼本文はここからです。

ハイスぺ系が本当に最強か。

合コンで、年収や会社で相手を判断してしまうこと…どうしてもありますよね。
そんな時にオススメの一冊です。

前半は、お金の歴史やIoT、AI、ビットコイン、ブロックチェーン… といった、テクノロジーとお金についてわかりやすく書かれています。
まあ、その辺りは興味がなければ飛ばしてもok。
僕のオススメは214ページ以降です。

資本主義から価値主義へ。

文章から伝わってくる熱量が格段にアップします。
資本主義から価値主義へ。

熱量をもって取り組めることを探すこと。
価値を高めておけば何とかなる時代の到来。
ここだけ読んでもよくわからないですよね。

ただ、著者の佐藤航陽さんが伝えたいことは、これから先、お金に対する意識が変わっていくということ。
そして、お金に対する意識が変わると、仕事、結婚、人生…に対する意識が変わっていくということ。

ベーシックインカム、働かなくてもいい時代。

もしベーシックインカム(ざっくり言えば、国から一定額のお金が全国民に支給される)が導入されたら、働かなくても生きていける人が出てきますよね。更に、もし、ベーシックインカムが10年後に導入されたとしましょう。

今が2019年なので2029年です。
裕福ではないかもしれないけど、働かなくても最低限の生活が保障されている毎日。
あなたは誰と一緒に過ごし、どんな生活を送りたいでしょうか。

もちろん、ベーシックインカムが導入されたとしても、恐らく、お金があるに越したことはないですよね。
ただ、著者である佐藤さんの言う、資本主義から価値主義への転換は、間違いなく今より進むと言えると思います。

時代に合う価値観を身につける。

そうなった時、どのような人と共に人生を歩んでいくのか。
黒電話から、コードレス電話、携帯電話、スマートフォン…と時代は変わってきました。
何の疑問も持たずに、黒電話やコードレス電話の時代の価値観を持ち続けるのは、危険なことではないでしょうか。

資本主義やお金がこれからどう変わっていくのか。
そうなった時、どのような人と共に、どんな人生を歩みたいのか。
人生とお金、合コンとお金は切っても切り離せません。
一度立ち止まり、お金のことを考え直してみるのもいいかもしれません。その時に、灯台のような役目をしてくれる一冊と言えます。

何かに熱中すること。

これからの時代、ハイスペ系が合コンに来てもはしゃいではいけません。
資本主義ではなく、価値主義の時代に強いのは、著者である佐藤航陽さんの言う、「何かに熱中している人」だと僕も思います。

何かに熱中している人を探してみる合コン…きっと面白いと思います。
僕も、何かに熱中している人を目指していきたいと思います。

【引用・参考文献】
佐藤航陽(2017)『お金2.0:新しい経済のルールと生き方』幻冬舎

コメント

タイトルとURLをコピーしました