加藤諦三

その他

ビヨンド合コン。その7。近い人との関係。

次から次へと恋人を変えてしまうのは、男運が無いのでも女運が無いのでもありません。根本的な原因は、自分の中にあります。「近い人」との関係について書いてみました。
その他

ビヨンド合コン。その6。その後。

人に絡みつく自分、近い人に不機嫌になってしまう自分の「本当に求めているもの」が分かれば幸せなることができます。大切なことは自分を知ることです。何かが欠けている自分を認めることができれば、何かが欠けている自分として生きていくことができます。合コンのその後を書いてみました。
心理学

合コンで尽くしてしまう人のための本。

大切なことは、ボタンのかけ違えている自分に気づくこと。ボタンのかけ違えている自分を許してあげること。ボタンのかけ違えていない自分へと少しずつ変わっていくことです。合コンと「よい子」について書いてみました。
心理学

合コンで失敗した時。に読みたい本。

ジャック・マーは「過ちは最高の教師」と言っています。ただ、「失敗」自体に価値はありません。大切なことは、「失敗」から何を学ぶことができるのかということ。合コンと「失敗」について書いてみました。
心理学

合コンで辛い時の対処法。を学べる本。

なりたい自分にどうしてもなれない時、欲しいモノがどうしても手に入らない時、だからこそ幸せになれるのかもしれません。そのためには、「苦しみ」を乗り越えることが何より大切です。「辛い時」「苦しい時」視点を変えることの大切さを教えてくれる一冊です。
心理学

合コンでの失敗を活かすための本。

合コンに失敗はつきものです。多くの失敗がその人を磨いてくれます。失敗を活かすことで人生は輝きます。沢山失敗しましょう。沢山空回りしましょう。そして、その失敗から沢山のコトを学びましょう。大切なことは、「なぜ失敗したのか」を自分の頭で考えること。その時の手助けとなるのがこの本です。
心理学

合コンで「キツネ」にならないために読む本。

ある葡萄を食べたいけど自分には獲れなかった。その時、「あの葡萄は酸っぱい」と言えば傷つきません。しかし、幸せになることもできません。願望が叶うから幸せになれるのではなく「自分の願望に嘘をつかない」からこそ幸せになることが出来ます。イソップ物語の「キツネ」にならないために読む本です。
心理学

合コンで「青い鳥」を見つけるための本。

「幸せの青い鳥」をトコトン探してみることは無駄ではありません。忘れてならないことは、安易に幸せになれる方法はどこにもないということ。自分を磨く努力をしながら「青い鳥」を探すことでしか、目の前の「青い鳥」に気づくことはできないのかもしれません。合コンで幸せの「青い鳥」を見つけたい時に読む本です。
心理学

合コンがつまらないのを相手のせいにしちゃった時に読む本。

合コンも仕事も恋愛も全ては自分が選択してきた結果です。自分の人生は自分の責任であるということを認めることが出来れば、合コンでも大きな成果を得られるような気がしています。責任転嫁したくなった時に読む本。
心理学

合コンで、見えない部分も気になるようになる本。

良くも悪くも私たちは育った環境から多くの影響を受けます。親や環境を責めるためではなく、自分を知るために、自分がどのような環境で育ったのかを、一度冷静に分析してみることは大切な気がします。そんな時に読みたい一冊です。
タイトルとURLをコピーしました