もし、社員研修が合コンだったら、多分教科書になる本。

イメージ画像ビジネス

興奮度★★★★

この記事のポイント。

出会った瞬間「いいね!」。顔が良ければ驚きません。しかし、容姿が特別良い訳でもないのに、「いいね」となる人もいます。俗に言う「雰囲気イケメン」です。

普通の人をイケメンにするもの。それが「非言語コミュニケーション」。態度、髪型、服装、表情、視線、声のトーン… 言葉以外で伝えられる情報のことです。心理学者アルバート・メラビアンによれば、言葉で伝わる情報は7%、残りの93%は非言語コミュニケーションで伝わります。

つまり、合コンでモテるために話術は必要ありません。93%を占める非言語コミュニケーション力を磨くことが大切な気がしています。合コンの教科書です。

▼本文はここからです。

雰囲気イケメンの正体。

例えば合コンで、出会った瞬間に「いいね!」となる時もあれば、「どうでもいいね!」となる時もありますよね。相手の顔がとてもタイプだったり、スタイルがめちゃくちゃよかったりすれば、それは当たり前のことだと思います。しかし、顔が特別に良いわけでもなく、特別にスタイルがいいわけでもないのに、「いいね」となる時もあります。男性で言うと、「雰囲気イケメン」なんて言ったりしますよね。

この、特別に優れた容姿を持っている訳ではない普通の人を、「雰囲気イケメン」にしているものはいったい何なのか。その答えの一つが、この本で書かれている「ノンバーバル・コミュニケーション(非言語コミュニケーション)」の力なのだと思います。ちなみに、ノンバーバル・コミュニケーションとは、行動や態度、服装や髪型、表情や視線、などの、言葉以外で伝えられる情報のことを言います。

話の内容なんかどうでもいい。

この本でも紹介されていますが、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンによれば、僕たちが言葉で受け取っている情報というのは、たったの7%みたいです。つまり、残りの93%は、言葉以外の伝達方法である、 ノンバーバル・コミュニケーションで受け取っているのです。

アルバート・メラビアンの実験によると、話し手が聞き手に与える影響は、 ・視覚情報(visual)55%
・聴覚情報(vocal)38%
・言語情報(verbal)7%
となるそうです。視覚情報とは、話し手の表情、目線、態度、仕草、見た目のこと。聴覚情報とは、話し手の発する声のトーン、大きさ、速さ、話し方のこと。言語情報とは、話し手の発する、言葉の意味、話の内容、のことをそれぞれ指しています。

もし、合コンや仕事で結果を出そうとするのであれば、自分を磨く必要がありますよね。その時に、「面白い話が出来るようになりたい」「喋りがうまくなりたい」というように、会話のスキルを伸ばしたいと考える人も多いような気がします。たしか「合コン力検定」というタイトルの本に書かれていた内容だったと思うのですが、「合コンで、男性が自分の中で伸ばしたいスキルは何か?」というような感じのアンケート調査が載っていて、男性が伸ばしたいと考えているスキルの1位が「トーク力」だったような気がします。

磨くのは、一にも二にも見た目。

もっとトーク力が自分にあれば、更にモテる、仕事でも更に結果が出せる、と考えている人が多いのかもしれません。しかし、アルバート・メラビアンの実験から考えるのであれば、面白い話を話せるように努力する前に、ノンバーバル・コミュニケーション力を磨いた方が効率が良さそうな気がします。どれだけ面白い話をかますことが出来たとしても、それはたったの7%しか占めていないのですから。

もちろん、何をもってトーク力とするのか、というトーク力の定義が大切なのは言うまでもありません。もし「話す内容」だけをトーク力と考えるのであれば、その努力は効率が良いとは言えない気がします。しかし、トーク力には、話し方や話すスピード、声の大きさ、聞き方、間の取り方… というように、ノンバーバル・コミュニケーションの要素も多く含まれています。なので、もしトーク力に磨きをかけたいのであれば、「すべらない話」を身につける必要はなく、さんまさんやタモリさん、小堺一機さんや黒柳徹子さん、のような達人達の「ノンバーバル・コミュニケーション」を真似てみるほうが、トーク力を効率よく伸ばせるのではないかなと思います。

合コンとノンバーバル・コミュニケーション。

話し手が聞き手に与える影響は、ノンバーバル・コミュニケーションが93%を占めています。話す内容なんて大して重要ではないのです(下品なのはやめましょう)。声のトーン、声の大きさ、話すスピード、話し方、服装、表情、髪型、相手との距離…、 自分のノンバーバル・コミュニケーション力を一度チェックしてみてもいいかもしれません。ノンバーバル・コミュニケーションを制する者が合コンを制します。そして、ノンバーバル・コミュニケーションは合コンだけでなく、仕事や恋愛、結婚生活でも重要な役割を果たしています。他人のノンバーバル・コミュニケーションを観察する場所としても、自分自身のノンバーバル・コミュニケーションを磨く場所として、これ以上適している場所はないというのが合コンだと思います。

ノンバーバル・コミュニケーションについて学びたい、そんな時の入門書として、これ以上の本はありません。合コンに参加する人にも、社会人として働く人にも、結婚されている人にも、全ての人にオススメの一冊です。この本と合コンで、皆さまの人生が更に豊かになることを願っています。

【引用・参考文献】
竹内一郎(2005)『人は見た目が9割』新潮社

コメント

タイトルとURLをコピーしました