既読スルーで反応ゼロ。合コンで、「…けど無理だろーなー」と思った時に読む本。

イメージ画像ビジネス

興奮度★★★★

この記事のポイント。

できない理由を見つけることや、「どうせ無理」ということは簡単です。なぜなら頑張らなくてすむからです。そうではなくて、出来る理由を探してみよう。好きなことを夢中で追いかけてみよう。と優しく背中を押してくれる一冊です。

▼本文はここからです。

あなたの夢は何ですか。

夢を持つこと。
そして、夢は叶えられること。

ちょっと落ち込んだ時に、勇気をくれる一冊です。
さて、いきなりですが、あなたの夢はなんでしょうか。

そう問われて、 あなたは答えられますか。
僕は、あまりのストレートな質問に戸惑ってしまいました。
しかし、植松さんのブレない姿勢は、夢を持つ大切さを改めて気づかせてくれます。

せっかく一度の人生です。自分の夢について熱く語れる人になりたいですよね。

日本の夢。アメリカの夢。

では、そもそも「夢」とはなんでしょうか。
冒頭、アメリカの辞書と日本の辞書の「夢」について述べられている部分があります。

日本の辞書では、
「夢とは、はかないもの。叶わないもの」
であるのに対して、アメリカの辞書では、
「夢とは、強く願い、努力すれば実現できるもの」
と書かれているそうです。

とても面白いですよね。
あなたはアメリカ派でしたか。それとも日本派でしたか。
僕は、迷わず…アメリカ派になりたいと思いました。

夢のある生き方。

植松さんによると、夢とは、
「今できないことを、追いかけること」であり、
「大好きなこと」
「やってみたいこと」
だといいます。

想像してみてください。
合コンで、今はまだできないことを楽しそうに語る人がいたら… とてもカッコいいですよね。

それとも夢なんて青くさいでしょうか。
現実はそんなに甘くないでしょうか。

出来ない理由を探すことは簡単。

けれど、この本でも述べられているように、できない理由を見つけることや、「どうせ無理」ということって、実は一番簡単なんですよね。

なぜなら頑張らなくてすむから。
そうではなくて、出来る理由を探してみようよ。
好きなことを夢中で追いかけてみようよ。
と背中を押してくれるのがこの本だと思います。

「だったら、こうしてみたら?」(植松,2015,p.221)

自分が好きなことをあきらめそうになった時、自分にこう言い聞かせてあげてという植松さんの言葉です。
とてもカッコイイし、力強いですよね。

この記事を、合コン図書館ラジオで聞く。

植松努『好奇心を”天職”に変える:空想教室』×合コン。|合コン図書館ラジオ|note
できない理由を見つけることは簡単です。なぜなら頑張らなくてすむからです。出来る理由を探してみよう。好きなことを夢中で追いかけてみよう。優しく背中を押してくれる一冊です。

【引用・参考文献】
植松努(2015)『好奇心を“天職”に変える:空想教室』サンクチュアリ出版

コメント

タイトルとURLをコピーしました